小学生の頃や中学生の頃は、お店によっては未成年という理由でNGだし、働いていないこともあって費用が高いから、エステやサロンにて脱毛もできないから、自分でカミソリを使ってムダ毛を剃るけど、その時に母親に見られると、今よりももっと毛深くなるから剃っちゃダメって怒られるのよね。
 
それでも毛深いと友達とかに指摘されるし、他の人の目もあるから隠れて剃っていたけど、それから十数年後経った今は毛深くなることがなく、今は脱毛するたびに段々とムダ毛が生えなくなってくるのよ!
そうなると親の言ったことは、都市伝説かと思っちゃうのよね。
まあ確かに、千葉 脱毛した時みたいに仕上がりがキレイではなく、自然の感じで生えている箇所もあるけど、それでも目立たなくなっているからもっと脱毛しちゃおうかね。
 
しかし何故、脱毛すると余計も毛深くなるという言葉が広まったのかは謎だけど、何の根拠もなさそうだからカミソリ代や電気代の節約の為に、親が勝手に決めた伝説なのだろうね。